顔型から似合う髪型

ヘアサロンで髪型を変えることは、イメージチェンジや気分転換ができ楽しいものです。しかし、「どのような髪型にしたらいいかわからない」という悩みを抱える方も少なくありません。そのような場合を考慮して、ここでは顔型から似合う髪型をご紹介します。

  • 丸顔
  • 卵顔
  • 逆三角顔
  • 四角顔
  • ベース顔

丸顔

丸顔はふっくらした頬や丸びを帯びたかわいらしい印象から、幼くみられる傾向があります。そうしたかわいらしい印象を強調するのであれば、まっすぐ前髪をおろす方法もありますが、大人っぽい印象にしたいのであれば、深めのサイドパートでトップにふんわりと高さを持たせた前下がりボブがおすすめ。形のシャープさと片側の輪郭カバーにより、かっこいい印象に。

卵顔

理想的な形なので何でも似合います。顔が細く見え大人っぽくみられがちな卵顔なので、若々しい印象にしたいのなら、縦の長さを出さないようにトップのボリュームは控えめにしてパーマなどでサイドにボリュームを持たせると良いでしょう。前髪を作ることでも縦のラインを弱くすることができます。

逆三角顔

厚めの前髪とボトムラインのボリュームが決め手。逆三角顔は顎のラインがシャープできつい印象を持たれやすいです。トップにボリュームを持たせハチの部分はボリュームを抑えるようにして、顎ラインの髪はカールして動きをつけると、華やかでやわらかい印象の髪型になるでしょう。

四角顔

縦のラインを意識しましょう。直線的な前髪にしてしまうと、顔を平面に見せてしまう可能性がありますので注意が必要です。前髪を分けて空間を作るようにすると縦幅が出ます。前髪が長いのでしたらセンターパートも相性がいいです。パーマをかける場合はボリュームが出すぎないようにして、リップラインからかけるようにすることをおすすめします。トップの高さが出る短めのデザインも好印象です。

ベース顔

男性的な強い印象を持たれやすいベース顔を、ふんわりとした印象に変えるには顔まわりのラインが出ないようにします。トップが高くなるようにしてひし形のシルエットを作るようにし、パーマで曲線が出るようにすると良いでしょう。

神戸市にありますヘアサロンのワルツでは、お客様一人一人に合ったヘアスタイルを考えご提案します。再現性の高いカットやパーマを施し、施術後のスタイリングについてのアドバイスも行っていますので、自分にはどのような髪型が合っているのかお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

植物由来のオーガニック製品のヘアケアやアロマスパなどのメニューもご用意しておりますので、髪の健康を考えるヘアサロンを神戸市エリアでお探しなら、ぜひワルツをご予約ください。